photo
    (最終更新日:2017-02-27 09:48:45)
  タケミ ユカリ   Yukari Takemi
  武見 ゆかり
   所属   栄養学部
   職種   教授
■ 主要学科目
地域栄養活動論、栄養教育技術論、地域栄養教育論、地域栄養計画実習 Link
■ オフィスアワー(上段:前期・下段:後期)
水17:00~19:00、金12:30~13:20
水17:00~19:00、金12:30~13:20
■ 学歴
1. ~1977/03 東京学芸大学附属高等学校 卒業
2. ~1981/03 慶應義塾大学 文学部 文学科フランス文学専攻 卒業
3. ~1986/03 香川栄養専門学校 栄養士科 卒業
4. ~1988/03 女子栄養大学大学院 栄養学研究科 栄養学専攻 修士課程修了 修士
5. 1997/06
(学位取得)
女子栄養大学 博士(博乙第16号)
■ 職歴
1. 1988/04~1998/03 女子栄養大学 栄養学部 助手
2. 1998/04~2001/03 女子栄養大学 栄養学部 専任講師
3. 2001/04~2005/03 女子栄養大学 栄養学部 助教授
4. 2005/04~ 女子栄養大学 栄養学部 教授
■ 現在の専門分野
食生態学, 栄養教育学, 公衆栄養学 
■ 資格・免許
1. 1986/03 栄養士免許 (東京82758号)
2. 2002/08 管理栄養士免許 (第105596号)
■ 著書・論文歴
1. 論文  健康づくりにおける参加の必要性再考 (単著) 2014/05
2. 論文  女子大学生の「食事づくり力」測定のための質問紙の開発
─栄養学を専攻する女子大学生を対象とした検討─ (共著) 2014/02
3. 論文  特定保健指導対象の職域男性における減量の非成功要因についての検討:個別インタビューによる質的検討 (共著) 2014/05
4. 論文  家族との夕食共食頻度及び食事中の自発的コミュニケーションと食態度,食行動,QOLとの関連
─小学5年生及び中学2年生における横断的・縦断的検討─ (共著) 2014/06
5. 論文  健康教育・ヘルスプロモーションの立場からみた食育の評価 (単著) 2014/08
全件表示(147件)
■ 社会における活動
1. 2008/10~2014/09 日本学術会議 連携会員
2. 2011/10~ 内閣府 食育推進会議 専門委員
3. 2013/06~2014/10 厚生労働省 日本人の長寿を支える「健康な食事」のあり方に関する検討会 構成員(副座長)
4. 2015/02~ 厚生労働省 厚生科学審議会委員
5. 2015/07~ 農林水産省 食料・農業・農村政策審議会委員
■ 所属学会
1. 1986/11~ 日本栄養改善学会
2. 2015/11~ ∟ 理事長
3. 1986/12~ 日本栄養・食糧学会
4. 2015/11~ ∟ 代議員
5. 1991/04~ 日本健康教育学会
全件表示(23件)
■ 受賞学術賞
1. 1987/01 1987年度 国内奨学生(大学院生)
2. 2001/10 平成13年度 日本栄養改善学会学会賞受賞
3. 2011/09 日本栄養改善学会功労賞受賞
■ メッセージ
食生態学は、地域社会で暮らす人々の望ましい暮らしと幸福の実現のために、「食」を通じて、何をすればよいのか、何ができるのかを、地域社会の食環境や社会経済環境との関わりも含めて考えていく学問領域です。1969年に足立己幸 女子栄養大学名誉教授が創設されました。私は大学院で足立先生の教えを受け、その後、研究室に残って先生と共に研究や実践に励んできました。2005年に足立先生がご定年退職された後、食生態学研究室を引継ぎ、現在に至ります。
食生態学研究室の活動の哲学??は、研究は常に実践のためであり、実践もまた研究のためであるという考え方です。研究として明らかにした事象や証明できた事実をいかに実践現場に生かしていくか、また、実践の中から生まれた課題をいかに研究として扱い発展させていくか、の双方向が重要と考えています。ですから、研究室のメンバーも、実践現場から課題を持って大学院に進学してきた人や、研究活動を経て現場に戻っていく人など、多様です。そして、活動はみんなで楽しく、元気に!!?