オザワ ケイコ   
  小澤 啓子
   所属   食物栄養学科
   職種   専任講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/10
形態種別 研究論文(学術雑誌)
査読 査読あり
標題 壮中年期における野菜摂取量と食行動、食態度、食知識・スキル、および周囲からの支援との関連
執筆形態 共著
掲載誌名 日本公衆衛生雑誌
掲載区分国内
出版社・発行元 日本公衆衛生学会
巻・号・頁 65(10),589-601頁
著者・共著者 小澤啓子、武見ゆかり、衛藤久美、岩間範子
概要 目的:壮中年期を対象に野菜摂取量と食行動,食態度,食知識・スキル,および周囲からの支援との関連を検討した。
方法:平成23年度埼玉県民健康・栄養調査で得られた30-59歳384名のデータを用いた。300g以上,300g未満を従属変数とし,独立変数は,食行動,食態度,食知識・スキル,周囲からの支援としたロジスティック回帰分析を行った。調整変数は年齢,世帯構成,世帯収入とした。
結果:壮中年期の野菜摂取量増加のためには,男女共に野菜摂取量の目標350g等の野菜に関する知識の普及や野菜摂取に限定した支援だけではなく,1日の食生活において「主食・主菜・副菜がそろう食事を1日2回以上」を促す支援が重要であると示唆された。それ以外の項目では,性別により異なる目標設定とアプローチの必要性があることが示唆された。