アオキ タカコ   
  青木 隆子
   所属   食物栄養学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1995/12
形態種別 研究論文(大学,研究機関紀要)
標題 貝類冷蔵貯蔵中のATP関連化合物の変化について
執筆形態 単著
掲載誌名 女子栄養大学紀要(1995)
巻・号・頁 26,119頁
著者・共著者 青木隆子
概要 HPLCによって、15種貝類の冷蔵貯蔵中におけるATP関連化合物(9種)の含量を測定した。また、AMP-deaminase活性についても検討した。貝類冷蔵貯蔵中のATP消長は、貝の種類により特異性が見られた。IMPは貝の筋肉中に僅かに存在したが、ナミガイのそれは他の貝と比較して高含量であったナミガイのAMP-deaminase活性は魚とほぼ匹敵するものであった。
 共同研究につき本人担当部分抽出不可能