アオキ タカコ   
  青木 隆子
   所属   食物栄養学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1999
形態種別 研究論文(学術雑誌)
標題 魚類の栄養成分に対する調理方法の影響 ―特にEPA・DHAおよびTaurine含量について―
執筆形態 共著
掲載誌名 日本食生活学会(1999)
巻・号・頁 10(3),81頁
著者・共著者 青木隆子、菅原龍幸
概要 7魚種について、種々の加熱方法(焼く,煮る、電子レンジ、揚げる)で調理した場合の栄養成分(一般成分、無機質含量,遊離アミノ酸含量、コレステロール含量,脂肪酸組成、EPAおよびDHA含量)の増減について分析した。その結果、切り身で調理した場合、丸(一尾)で調理で調理した場合の違いと同時に、脂質含量の差によっても栄養成分の変化が微妙に異なることが判明した。
 共同研究につき本人担当部分抽出不可能