マキ ヒサエ   
  牧 久惠
   所属   食物栄養学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1996/10
形態種別 研究論文(学術雑誌)
査読 査読あり
標題 国際誌:Plant 21D7 protein, a nuclear antigen associated with cell division, is a component of the 26S proteasome.
執筆形態 共著
掲載誌名 Plant Physiology,
巻・号・頁 Vol.113,281-291頁
著者・共著者 Smith M.W., Ito M., Miyawaki M., Sato T., Yoshikawa Y., Wada S., Maki H., Nakagawa H., Komamine A.
概要 ニンジン不定胚初期過程に特異的に発現する遺伝子であるCEM6を単離した。このアンチセンスCEM6を、単細胞に導入して、形質転換体を得た。さらに、CEM6の発現を抑制して、CEM6の不定胚分化における機能を明らかにする試みをおこなった。細胞周期や不定胚形成に特異的な核タンパク質21D7が、26Sプロテアソームの構成物質でもあることを明らかにした。
本人担当部分 (共同研究につき本人担当部分抽出不可能)