ホンダ ケイコ   
  本田 佳子
   所属   栄養学部
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2002/05
形態種別 研究論文(学術雑誌)
査読 査読あり
標題 糖尿病における食事調査法の検討
執筆形態 共著
掲載誌名 共済医報
巻・号・頁 51巻(2号),103-107頁
総ページ数 null
著者・共著者 本田佳子、植田洋子、大部正代、山本英子
概要 糖尿病患者における食事療法の実践状況の妥当な把握を可能とする食事調査法を頻度調査法により検討した。一人当たりの摂取食品数は平均25食品であったが、北陸地域は21食品で他の地域に比べて有意に少なかった。地域ごとの共通の摂取食品数は156で、穀類14、野菜類53、豆・魚・肉類50、その他39であった。肉類の種(牛、豚、鶏)の選択に地域性がみられた。ポーションサイズ・一人前量の飯は、平均152gであったが北陸地域は他の地域に比べて有意に多かった。