ホンダ ケイコ   
  本田 佳子
   所属   栄養学部
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2002/12
形態種別 研究論文(学術雑誌)
査読 査読あり
標題 Practice of dietetic treatment for diabetic nephropathy.
執筆形態 単著
掲載誌名 Journal of Japan Hospital Association
掲載区分国内
巻・号・頁 49(12),75-86頁
総ページ数 null
著者・共著者 Keiko Honda
概要 全身的におこり多彩である糖尿病の合併症の一つである腎症の栄養食事療法をたんぱく質・ナトリウム、カリウム・リン・カルシウムなどの栄養素成分から解説し、腎症の進展阻止での栄養食事療法の位置づけを明確にした.これら栄養素成分の調整を選択食品・料理方法の変更による食事内容の差異への動揺・戸惑い・混乱・拒否の治療への心理プロセスの受容と栄養指導での患者心理の考慮の必要性を実臨床から解説した.また、治療目標および治療成果指標である、厳格な血糖コントロール、血清脂質、血圧、体重など症例による優先性の決定因子、治療目標値への達成状況の評価、行動変化への評価の重要性を明らかにし、治療の継続維持と糖尿病セルフケアーへの自助努力へのサポートという位置づけから栄養食事療法に言及した.