コニシ フミコ   
  小西 史子
   所属   栄養学部
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2005/02
形態種別 研究論文(学術雑誌)
標題 鍋物の食べ方に関する実態調査
執筆形態 共著
掲載誌名 日本調理科学会誌
巻・号・頁 第38巻(第4号),32-37頁
著者・共著者 飯島久美子、小西史子、綾部園子、香西みどり、畑江敬子、小西雅子
概要 概要:若者世代を中心に全国的に鍋物の実態調査を行った。その結果、鍋物は平均気温が7.5~13.2℃になると累積して70%の人が食べ始めていた。鍋は63種で鍋材料は145種にも及んだ。最もよく食べられる鍋はすき焼きで、次いで寄せ鍋、キムチ鍋が続いた。東北ではキムチ鍋、中国、四国では水炊き、九州ではおでんであった。鍋は鉄鍋や土鍋が圧倒的に多く使われ、ホットプレートは少なかった。調査により、市販のたれより天然のだしを使い土鍋を使って、家族で鍋を囲む姿を見ることができた。(共同研究につき本人担当部分抽出不能)