シブヤ マサト   
  渋谷 まさと
   所属   食物栄養学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1998
形態種別 研究論文(学術雑誌)
標題 Benefit of in-phase chest wall vibration on the pulmonary hemodynamics in patients with chronic obstructive pulmonary disease.
執筆形態 共著
掲載誌名 Respirology
巻・号・頁 3,235-240頁
担当範囲 本人担当分 研究デザイン,研究施行,論文執筆指導
著者・共著者 Nakayama H, Shibuya M, Kaneko N, Yamada M, Suzuki H, Arakawa M, Homma I.
概要 概要 慢性閉塞性肺疾患患者では吸息時に吸息筋,呼息時に呼息筋を振動(in-phase vibration, IPV)すると,血中酸素濃度が増大するため,肺循環に対する効果を検討した。肺動脈圧は低下し,肺血管抵抗は低下した。心拍数,体血圧は低下しなかった。IPVは肺循環に好ましい効果をおよぼすことが示唆された。