photo
    (最終更新日:2020-11-02 10:57:32)
  カガワ マサハル   KAGAWA, Masaharu
  香川 雅春
   所属   栄養科学研究所
   職種   准教授
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ ホームページ
   Researchmap
   ResearchGate
■ 主要学科目
生物学、食育論、栄養生理学実習、健康づくり運動処方演習、共通特論XVI(栄養学の背景に関する英語による講義) Link
■ オフィスアワー(上段:前期・下段:後期)
木:11時~18時
火:11時~18時、木:11時~18時
■ 学歴
1. 1996/02~1998/12 カーティン工科大学 公衆衛生学部 栄養・食物科学学科 卒業 学位
2. 1999/01~2000/01 カーティン工科大学 公衆衛生学部 栄養・食物科学学科優等学位 卒業 優等学位
3. 2000/02~2005/07 カーティン工科大学 公衆衛生学部 博士(公衆衛生学) 博士課程修了 博士
■ 職歴
1. 2006/03~2010/02 クイーンズランド工科大学 人間行動学部 ポスドク研究員
2. 2007/04~2015/03 国立保健医療科学院 客員研究員
3. 2012~ クイーンズランド工科大学 QUT付設研究所(IHBI) 所員
4. 2013/01~2015/12 クイーンズランド工科大学 運動と栄養科学部 客員教員
5. 2014/01~ マヒドン大学 公衆衛生学部 兼任教授
全件表示(11件)
■ 担当経験のある科目
1. Functional Anatomy(Queensland University of Technology)
2. Japanese 7(Queensland University of Technology)
3. Japanese 8(Queensland University of Technology)
4. Nutrition and Physical Activity(Queensland University of Technology)
5. ヘルスアセスメント(女子栄養大学)
全件表示(24件)
■ 資格・免許
1. 2006 骨密度測定技師(オーストラリア・クイーンズランド州)
2. 2007 ISAK認定フォトスコピックソマトタイプレーター Link
3. 2012 登録公衆衛生栄養士(オーストラリア、NSA)
4. 2017 IASMS認定「超音波による皮下脂肪組織計測トレーニングコース(レベル2:上級)」修了 Link
5. 2019/07/21 ISAK国際身体計測技師レベル4(Criterion) Link
■ 著書・論文歴
1. 著書  身体計測 エッセンシャルスポーツ栄養学  (共著) 2020 Link
2. 著書  Anthropometry and health for sport Best Practice Protocols for Physique Assessment in Sport  (単著) 2018
3. 著書  Nutrients in Infancy   (共著) 2017 Link
4. 著書  通所系介護サービス施設における口腔機能向上サービス及び栄養改善サービス提供のあり方に関する調査研究事業   (共著) 2014/03
5. 著書  Body composition assessment in children and adolescents - implications for obesity. Children, Obesity and Exercise-Prevention, treatment & management of childhood & adolescent obesity  (共著) 2007
全件表示(83件)
■ 社会における活動
1. 2002~ 国際身体計測技師インストラクターとして、国内外で年数回開催される国際認定コースを開催・適切な身体計測技術を指導。
2. 2007~2015 国際原子力機関(IAEA)による国際共同プロジェクトに関連したトレーニングコースでの講師を担当。
3. 2010~2018 Fリーグ府中アスレティックFCに対する栄養サポートに参加 Link
4. 2010~2013 Queensland University of Technology (ブリスベン・オーストラリア)の大学院生に対して学外指導教官を担当。
5. 2010/08~2011/09 第20回日本脂質栄養学会プログラム委員。
全件表示(17件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2006/04~2008/03  痩せから肥満へ周期的に変化する自己画像観察者の前頭前野の活動 基盤研究(B) 
2. 2006/12~2006/12  Current practices and considerations in screening for childhood obesity in the Asia-Pacific region: Anthropometric perspectives Travel Support 
3. 2008/11~2008/11  Ethnic differences in morphology and fat distribution in Australian Caucasian and Indigenous children Travel Support 
4. 2008/11~2009/12  How effective is Nintendo's Wii Fit for facilitating participation in, and positive attitudes towards, well-being and physical activity? 機関内共同研究 
5. 2009/01~2009/12  Influence of posture on body fat estimation in males: comparison with the 4-compartment model その他の補助金・助成金 
全件表示(16件)
■ 所属学会
1. 1998~ International Society for the Advancement of Kinanthropometry (ISAK) Link
2. 1998~ Nutrition Society of Australia (NSA) Link
3. 2002~ Sports Medicine Australia (SMA) Link
4. 2005~ 日本生理人類学会(JSPA) Link
5. 2008~ Australia and New Zealand Obesity Society (ANZOS) Link
全件表示(14件)
■ 受賞学術賞
1. 2011/06 Asia Pacific Clinical Nutrition Society Asia Pacific Conference of Clinical Nutrition (APCCN) Young Investigator Award (Influence of measurement posture and frequency modes in total body water estimation using bioelectrical impedance spectroscopy in children and adults)
2. 2014/06 Elsevier and the Editors of Body Image Certificate of Excellence in Reviewing (2013) Link
3. 2016/08 Obesity Research & Clinical Practice Certificate of Outstanding Contribution in Reviewing
4. 2018/05 Korean Society for Exercise Nutrition Outstanding Presentation Award (Poster) (Physical characteristics and dietary intakes of Japanese high school track and field athletes)
5. 2019/10 Malaysian Society for the Study of Obesity (MASO) 2019 Best Poster Award (3rd Prize) (Association of body image with adiposity changes in Malay adolescents: A longitudinal study)
全件表示(6件)
■ メッセージ
身体計測や様々な体組成測定技術を活用して公衆衛生学、栄養学、スポーツ科学、心理学など幅広い学術領域で国際的な研究を行い、包括的な視点から課題に取り組んでいます。